スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二話 

一行は、会場に着いた。

「暑いわねぇ。私のどカラカラだわ。」

そう言ってヒナギクはうちわを仰いだ。

続きを読む
スポンサーサイト

第一話 

 ある夏の日のこと、白皇学院では今日も

大人顔負けの天才(一部を除く)の生徒たちが真面目に

授業を受けていた。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。