スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星屑の革紐~遥かなる地平線の向こうへ~ 

「今日はいい天気だな。」

ナギが麦藁帽子を被りながら言った。

続きを読む
スポンサーサイト

Elysion←:→ABYSS 

此処は都内にある病院の一室。

その中で静かな朝を一人で向かえる。

「ふぁ。もう朝か。」

続きを読む

第五話~少女人形:→壊れたマリオネット~ 

「ハヤテ君。西沢さんが来てくれましたよ。」

静かに戸をあけてハヤテに声を掛けた。

「ハヤテ君。こんにちは。って、あれ?」

続きを読む

狂い咲いた曼珠沙華:←澪音の世界 

「マリアお嬢、さま?」

マリアは疑問符を浮かべハヤテの顔を見た。

続きを読む

第三話~永遠の少年と記憶の水底~ 

ハヤテが入院してから一月ほどが経った在る日。

「ハヤテ君、りんごですよ。はい、アーン。」

続きを読む

第二話 

暗い閉鎖的な冷たい闇の中にただ一人残された少年・・・

彼は何を想い、何を感じるのだろうか。

----貴方は誰なのでしょうか?----

続きを読む

第一話  

 ある夏が終わりかけの晴れた日のこと。此処、三千院家では今日も小さな主が

機嫌を損ねていた。

「ふんだ。ハヤテのばか!」

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。