スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

此処は沖縄。 正確にはバスの中。 東京とは違う暑さがある。

東京は太陽光を浴びたアスファルトがその熱を吸収することに加えて、温暖化現象の先頭を走っていることだ。

それに比べて沖縄は、燦燦(さんさん)とした太陽の恵みのみでこの暑さだ。
続きを読む
スポンサーサイト

第十五話 

第十五話

 「は~い。 みんな集合したぁ? 」

そう声を掲げたのはお姉ちゃんだった。 一応は私のクラスの担任を言うこともあって

クラス担当責任者でもある。 

続きを読む

 



 僕たちが付き合い始めてから大体3ヶ月くらい経っただろうか。

日光がこのだだっ広い都内を照りつけ、人工的に作られたこの地面に熱を

吸収させていた。


続きを読む

第十三話 

数秒後、私たちは唇を離した。 

「もう、私から離れないでね…。」

口から発した言葉はハヤテ君に届いたのだろうか、というほどハヤテ君は静かだった。

続きを読む

第十二話 

第十二話

あれから何日も経ち、今日はヒナギクさんの誕生日だった。

ちょうど休日のため、朝から働いて、お昼過ぎにはバイトを終えていた。

一応、短期間だったとはいえ、充実したバイトを提供してくれたお店の方々に御礼をして

続きを読む

第十一話 

「ただいま戻りました。」

そう言って僕はヒナギクさんの前に立った。

「あら、お帰りなさい。」

続きを読む

第十話 

バイトを始めて大体半月ほど経っただろうか。

ヒナギクさんには何とか言い合わせているが、一緒に入れないとやっぱり寂しい。

最近はそんな感情がモヤモヤしてきた。 日に日にこの気持ちが募る。

続きを読む

第九話 

本日は晴天ナリ。

僕、綾崎ハヤテは本日よりバイトを始めた。 理由は第八話をご覧ください。

バイトの内容はレストランの接客だった。

続きを読む

第八話 

第八話  

「う~ん。」 

その日、ハヤテは生徒会室にて困っていた。

休日なのだが、生徒会のメンバーで仕事をする予定があったので本日は集まった。

続きを読む

第七話 

 僕たちは生徒会室を出た後、校門へと向かったのだが、その最中、他人か

ら殺気を多大な数浴びた。

おそらくはヒナギクさんと一緒にいるからだろう。 ヒナギクさんは成績も運動神経も器量も性格も良

い。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。