スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36話 

この日、ハヤテは何人の女性に告白をして、何人にキスを求めたのだろうか。

道を歩いている女性を見れば直ぐに目配せを始める。

まるでクレヨン幼稚園児だ。  ただ異なった点は美しい女性ではなく

‘女性’を口説くのだった。

続きを読む
スポンサーサイト

35話 



 「惚れ薬~? あぁ、そういえばそんなの作ったよ~。」

そう答えたのはハルカ姉さ…牧村先生。

続きを読む

34話 

「それじゃあ、さようなら。」

愛歌さんが玄関で僕に手を振っている。

それに応じて僕も手を振りかえした。

 「さて、帰らないと。」

あの家を出た瞬間にすっと体が軽くなったような気がした。

それは何かの錯覚だろうと僕は思い込むことにした。
続きを読む

33話 

 僕は一度ヒナのところへ戻り、これまでの経緯を話すことにした。

「…ちょっと、待ってね。 それじゃハヤテは彼女と結婚するって事なの?」

「このまま行くとそうなると思います。」

かなり混沌した感じが見える。 ついかしこまってしまった。

続きを読む

32話 

「なんだってー!!」

そう響いた三千院家の昼下がり。

昼食のペペロンチーノがフォークの上でダラリとしている。

 
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。