スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7話 

 「明日はハヤテ君とお出かけかぁ。」 
部屋のベッドの上でそう呟くヒナギク。ヌイグルミを抱きしめてニヤけていた。
すると突然部屋の扉が開いた。
「あら、ヒナちゃんは明日デートなの?」
入ってきたのはヒナギク・母だった。実年齢とは全く見合わない若さを保っている。
まるで兄弟のようにも見える。そんな母に自分の独り言を聞かれたのだった。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。